本文へ移動
会 員 数
R4.6.30現在 16,921 
保健師   703人    
助産師   408人    
看護師  15,217人    
准看護師   593人    
支部別詳細はこちら 
●●Facebookはコチラから♪●●

●● Twitterはコチラから♪ ●●
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
4
6
6
0
9
6

⑩地域・在宅看護・多職種連携

⑩地域・在宅看護・多職種連携

№53 退院支援看護師研修(4日間)
講 師
[1日目]
齋藤 信也(岡山大学大学院)
谷垣 靜子(岡山大学大学院)

[2日目]
菅﨑 仁美 (岡山県看護協会立訪問看護ステーション)
安藤 弥生 (岡山大学病院)
鈴木 智恵 (川崎医科大学総合医療センター)
金尾 知子 (倉敷中央訪問看護ステーション)
内藤 さやか (ひかり薬局介護相談事務所)
松尾 圭祐 (まつお内科クリニック)

[4日目]
徳永 まさみ (岡山赤十字病院)
菅﨑 仁美 (岡山県看護協会立訪問看護ステーション)
ファシリテーター8名
研修日時
1日目:9月28日(水) 9:30~16:15
2日目:10月19日(水) 9:30~16:15
3日目:見学実習 1日 (11月1日(火)~11月30日(水))
4日目:12月22日(木) 9:30~16:15
開催方法
集合 (定員40人)
※1施設1名まで
ラ ダ ー協働する力 看護師ラダーⅡ
受講要件就業後3年以上経過しており、今後退院支援にかかわる予定の者、あるいは、退院支援について学びたいと考える者
目 的
退院支援が必要な患者に個別性を考慮した退院支援を行うことができる能力を養う。
目 標
  1. 退院支援が求められる背景と政策の動向および退院支援に必要な視点が理解できる
  2. 退院支援に関わる職種とのチーム連携について理解できる
  3. 在宅療養を支える現場を見学し、在宅療養の実際とおこなわれている看護を知る
  4. 退院支援に必要な看護や退院支援看護師に求められる役割を考えることができる
受 講 料
会員 14,000円 / 非会員 28,000円
申込期間
8月1日(月)~8月10日(水)
担 当研修センター (℡ 086-221-7223)
№54 退院支援看護師研修 フォローアップ研修 
講 師
菅﨑 仁美  (岡山県看護協会立訪問看護ステーション) 
徳永 まさみ (岡山赤十字病院)
研修日時
2022年10月3日(月) 9:30~16:15
開催方法
集合 (定員40人)
ラ ダ ー
協働する力 看護師ラダーⅢ
受講要件
退院支援看護師研修(平成30年度~令和3年度開講)受講者
目 的
「退院支援看護師研修」後の退院支援実践を振り返り、退院支援看護師としての資質向上につなげる。
目 標
  1. 退院支援に必要な質の高い知識や情報を得ることができる
  2. 退院支援の取り組むべき自己の課題が明確になる
  3. 退院支援の仕組み作りに取り組むことができる
受 講 料
会員 3,500円 / 非会員 7,000円
申込期間
9月1日(木)~9月10日(土)
担 当研修センター (℡ 086-221-7223)
№55 医療介護推進の最新動向 ~岡山県の地域医療構想をふまえて~
講 師
浜田 淳 (川崎医療福祉大学)
宗好 祐子 (岡山赤十字病院)
松本 友子 (社会福祉法人敬友会)
研修日時
2022年6月28日(火) 9:30~16:15
開催方法
オンライン
ラ ダ ー協働する力 看護師ラダーⅢ
目 的岡山県の地域医療構想を理解し、在宅医療・介護の連携の推進を図るために必要な考え方を習得する。
目 標
  1. 最新の在宅医療・介護の動向を学ぶ
  2. 最新の在宅医療・介護連携のための必要な知識や制度を理解できる
  3. 病院と地域の連携において何が大切かわかる
  4. 岡山県における在宅看護のあり方を知ることができる
受 講 料
会員 3,500円 / 非会員 7,000円
申込期間
5月1日(日)~5月10日(火)
担 当研修センター (℡ 086-221-7223)
№56 訪問看護師養成講習会
研修日時
2022年5月11日(水)~9月14日(水)
受講要件
1. 次の全てを満たす者を対象とする。(定員30人程度)
 1) 岡山県内において訪問看護に従事している人、またはこれから訪問看護に従事する予定がある人、および訪問看護に興味のある看護職
 2) 全日程(開閉講式、講義・演習およびeラーニング、実習)の研修内容を受講できること
 3) 就業者は施設の推薦を受けることができること
 4) 本人のパソコン等のメールアドレスがあること
 5) パソコン等推奨環境が整っておりパソコン等の基本操作ができること
 6) 訪問看護eラーニングの受講に際しての注意事項、eラーニングシステム利用規約に同意できること

2. 過去の受講者対象の公開講座
 過去に訪問看護師養成講習会を受講している者
 (1講座10人程度)
目 的
訪問看護に携わる看護師等を対象に、訪問看護事業の実施に必要な基本的知識と技術を修得することにより、質の高い訪問看護の提供ができる訪問看護師を養成し、在宅ケアの推進に寄与する
目 標
  1. 訪問看護に必要な基本的知識と技術を修得する
  2. 自己課題の解決ができる
  3. 訪問看護に従事することへのやりがいや希望がもてる
  4. 修得したことを訪問看護の現場で発揮できる
受 講 料
(eラーニング・実習費他) 会員・非会員とも30,000円
(公開講座) 1講座 一日3,000円 半日1,500円
教 科 目
ね ら い
【訪問看護概論】(eラーニング約2時間10分・講義3時間)
 保健医療福祉の動向と訪問看護の位置づけ・役割が理解できる

【在宅ケアシステム論】 (eラーニング約1時間40分・講義3時間)
 在宅ケアシステムが理解できる

【リスクマネジメント論】 (eラーニング約2時間30分)
 訪問看護におけるリスクマネジメントが理解できる
 訪問看護における感染予防および対応を理解し、正しく実施できる
 訪問看護における災害対応に必要な知識が理解できる

【訪問看護対象論】 (eラーニング約1時間・講義3時間)
 訪問看護の対象の特性が理解できる

【訪問看護展開論】 (eラーニング約1時間30分・講義3時間)
 「生活を看る」視点を重視した訪問看護の展開を理解し、実施できる

【訪問看護技術論】 (eラーニング約18時間10分・講義・演習15時間)
 訪問看護展開のための知識・技術、医療処置別の知識・技術、対象別の知識・技術の理解を中心に、療養生活の支援や最新のエビデンスに基づく医療処置、がん看護、認知症ケア、医療的ケア児へのケア、エンドオブライフケアなど、実践の場で必要とされる知識を理解し、実施できる

【実習】(33時間)
 実習オリエンテーション
 実習(訪問看護ステーション3日・精神科病棟1日・難病病棟1日)
 eラーニング、講義や演習で学んだ知識や技術を、実践を通してさらに高める

【その他】 (12時間)
申込期間
令和4年度募集は終了しました。
次年度募集については12月頃案内します。
担 当
岡山県ナースセンター (℡ 086-226-3639)
№57 在宅看護の世界をのぞいてみませんか?[訪問看護ダイジェスト版]
講 師
佐々木 純子 (岡山県立大学)

【実践発表者】
小郷 寿美代 (訪問看護ステーションくろかみ)
佐山 純子  (岡山訪問看護ステーション看護協会)
仕田原 明珠 (訪問看護ステーションくじば)
研修日時
2022年8月17日(水) 9:30~16:15
対 象現在訪問看護に携わっていない看護職
目 的
訪問看護の仕組みと実際および地域の社会資源・制度の概要を知り、在宅看護について理解を深める。
目 標
  1. 退院後訪問指導料など在宅関連の診療・介護報酬がわかる
  2. 地域の社会資源の概要を知り、在宅ケア関連サービスとの連携方法を考える事ができる
  3. 在宅生活の中での医療の視点と、ケアの工夫、家庭訪問の極意を知る
受 講 料
会員 3,500円 / 非会員 7,000円
申込期間
7月1日(金)~7月10日(日)
担 当研修センター (℡ 086-221-7223)
№58 医療的ケア児と家族を支える在宅ケアを考える交流会
講 師
中川 ふみ (つばさクリニック岡山)
研修日時
2022年7月27日(水) 9:30~12:30
開催方法
集合 (定員40人)
対 象
医療機関、訪問看護ステーション、障害・福祉・介護施設、学校、行政など在宅ケア関係者
目 的
医療的ケア児の地域包括ケア実現のための看護の役割及び多職種連携を考える。
目 標
  1. 医療的ケア児の心身の状況、成長過程、生活への影響について理解できる
  2. 医療的ケア児の家族支援について理解できる
  3. 医療的ケア児の教育の現状と課題について理解できる
  4. 医療的ケア児と家族を取り巻く課題や活用できる制度、必要な社会資源について考えることができる
  5. 医療的ケア児の地域包括ケア実現のための看護の役割及び多職種連携を考えることができる
受 講 料会員・非会員とも 無 料
申込期間
6月1日(水)~6月10日(金) 6月17日(金)
※申込期間が変更になりました
担 当
在宅支援推進委員会 / 看護協会事務局 (℡ 086-226-3638)
№59 地域の困難事例を見逃さない看護を考える交流会~在宅生活を継続するための成年後見制度~
講 師
尾﨑 力弥 (岡山パブリック法律事務所)
研修日時
2022年11月16日(水) 9:30~12:30
開催方法
集合 (定員40人)
対 象
医療機関、訪問看護ステーション、障害・福祉・介護施設、学校、行政など在宅ケア関係者
目 的
地域共生社会の実現に向けた、複合的課題をもつ在宅療養者・家族の困りごと解決への多職種連携による支援の仕組みや実際を学ぶ。
目 標
  1. 認知症や精神障害のある人が在宅生活を継続するための看護職の支援について理解できる
  2. 生活困窮者への支援について理解できる
  3. 複合的課題をもつ人を支援するために、制度の仕組みと活用方法について理解できる(成年後見制度、生活保護法など)
  4. 地域の中の困難事例にどう取り組むか、地域共生社会の実現に向けて社会資源の活用や多職種連携の必要性について考えることができる
受 講 料会員・非会員とも 無 料
申込期間
10月1日(土)~10月10日(月)
担 当
在宅支援推進委員会 / 看護協会事務局 (℡ 086-226-3638)
№60 新任訪問看護師のプリセプター交流会1 ~自分たちは何をすればよいのか~
講 師
佐藤 直子 (東京ひかりナースステーション)
研修日時
2022年7月20日(水) 13:30~16:30
2022年7月26日(火)
※開催日が変更になりました
開催方法
集合 (定員40人)
対 象
施設代表者、訪問看護ステーションの職員、在宅看護教育担当者
目 的
新任訪問看護師のプリセプターの役割を再認識し、成長支援者として知識・技術・態度を身につける。
目 標
  1. 新任看護師とプリセプターの現状や悩みについて理解できる
  2. 効果的な振り返りカンファレンスや指導方法について理解できる
  3. 新任看護師のプリセプターの役割を再認識し、自己の課題について理解できる
  4. 育成計画を評価し、見直すことができる
受 講 料 会員・非会員とも 無 料
申込期間
6月1日(水)~6月10日(金) 6月30日(木)
※申込期間が変更になりました
担 当訪問看護総合支援センター / 看護協会事務局 (℡ 086-226-3638)
№61 新任訪問看護師のプリセプター交流会2 ~育成の実践を語り合う~
講 師
佐藤 直子 (東京ひかりナースステーション)
研修日時
2023年1月18日(水) 13:30~16:30
開催方法
集合 (定員40人)
対 象
施設代表者、訪問看護ステーションの職員、在宅看護教育担当者
目 的
新任訪問看護師のプリセプターの実践力を高める方法を学ぶ。
目 標
  1. 新任訪問看護師の指導の現状と課題を共有できる
  2. 新任訪問看護師と訪問看護ステーションが共に学び合う指導方法を考える
  3. プリセプターの指導力を高める方法を考える
受 講 料 会員・非会員とも 無 料
申込期間
12月1日(木)~12月10日(土)
担 当訪問看護総合支援センター / 看護協会事務局 (℡ 086-226-3638)
№62 新卒訪問看護師育成事業成果報告会
講 師
西村 恵理奈 (聖路加国際大学)
※講師が決定しました
研修日時
2023年2月22日(水) 13:30~16:30
開催方法
集合 (定員40人)
対 象
施設代表者、訪問看護ステーションの職員、在宅看護教育担当者、看護学生等
目 的
新卒訪問看護師育成事業の成果を共有する。
目 標
  1. 新卒訪問看護師の成長過程について理解できる
  2. 新卒訪問看護師の育成体制・方法について理解できる
  3. 新卒訪問看護師就職へのチャレンジを共有できる
  4. 新卒看護師と訪問看護ステーションがともに学ぶ環境づくりについて共有できる
受 講 料 会員・非会員とも 無 料
申込期間
1月1日(日)~1月10日(火)
担 当訪問看護総合支援センター / 看護協会事務局 (℡ 086-226-3638)
TOPへ戻る