本文へ移動
会 員 数
R3.8.31現在 17,224 
保健師   710人    
助産師   428人    
看護師  15,448人    
准看護師   638人    
支部別詳細はこちら 
●●Facebookはコチラから♪●●

●● Twitterはコチラから♪ ●●
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
3
8
0
1
3
8

会長挨拶

     会長 宮田 明美
令和3年8月1日

 皆様には、日頃より岡山県看護協会への事業推進にご支援ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。

 昨年来、世界中で続くコロナ禍は、未だ収束の兆しは見えず長期化する中、保健・医療・福祉の現場で、日夜コロナ対応やワクチン業務に従事され、地域住民の命と健康・暮らしを守り支えて下さっております皆様に、心から感謝を申し上げ、敬意を表します。

 令和3年度の岡山県通常総会は、コロナ第4波により岡山県に2度目の緊急事態宣言が発出され、やむなく最小限規模で開催致しました。皆様のご理解と協力に感謝申し上げます。現在、今総会でご承認頂きました新体制がスタートしたところです。役員一同、皆様のお声を頂きながら一丸となって課題解決に取り組んで参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 少子・超高齢・人口減少社会の進展に伴う疾病や人口構造が変化する中、医療は病院医療から地域全体で患者を支える地域医療へとシフトしており、看護職は、「医療」と「暮らし」の両面から支えることができる職種として、役割拡大と多様な能力発揮が求められ期待が高まっています。

 岡山県看護協会は、こうした社会の変化やニーズに対応するため、看護の将来ビジョン“いのち、暮らし、尊厳を守り支える看護”を目指した取り組みを進めております。

令和3年度は以下の5つの重点事業方針のもとに各事業を展開して参ります。
  1. 健康と療養のための地域包括ケアを支える看護提供体制の構築
  2. 看護の専門性の向上と人材育成
  3. 看護職員の働き方改革の推進
  4. 看護基礎教育制度改革の推進
  5. 地域における健康危機管理体制の強化

 近年頻発する自然災害や今回のコロナのような新興・再興感染症への対応など、健康危機管理体制の強化が必要となっており、重点的に取り組んで参ります。また、目まぐるしく変化する社会の情勢や動向を注視しながら、どのような状況にも柔軟性を持ち、臨機応変に適切な対応ができるように努めて参ります。皆様のより一層のご理解とご支援ご協力の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
公益社団法人岡山県看護協会
会長 宮田 明美
TOPへ戻る