本文へ移動
会 員 数
R4.8.31現在 17,324 
保健師   707人    
助産師   415人    
看護師  15,607人    
准看護師   595人    
支部別詳細はこちら 
●●Facebookはコチラから♪●●

●● Twitterはコチラから♪ ●●
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
4
9
2
7
7
8

「看護の日・看護週間」行事

「看護の日・看護週間」とは

 高齢社会を支えていくには、看護の心、助け合いの心を私たち一人ひとりが分かち合うことが必要です。こうした心が育つきっかけとなるよう、旧厚生省により平成2年、「看護の日」が制定されました。
 「看護の日」は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定、また、その12日を含む週の日曜日から土曜日までの1週間が「看護週間」です。
 
メインテーマ
「5月12日は看護の日 看護の心をみんなの心に」
 

2022年「看護の日」グッズ

 今年も2022年「看護の日・看護週間」(5月8日(日)~14日(土))の行事の実施に際し、日本看護協会からグッズの実費頒布の紹介がありましたので、ご案内します。行事等にご活用ください。
 グッズの種類、申込方法等は日本看護協会ホームページでご確認ください。

看護の日・看護週間行事

岡山県看護協会では、毎年「看護の日・看護週間」を記念していろいろなイベントなどを行っています。
ぜひご参加ください。

看護大会

日時
令和4年5月14日(土)13:00~16:00 ※終了しました
場所
岡山県看護会館 4Fマスカットホール
(ZoomによるWEB配信も併せて実施)
内容13:00 開会挨拶
 岡山県知事 伊原木 隆太
 公益社団法人岡山県看護協会 会長 宮田 明美

13:10 看護活動報告
「いのちに寄り添うプロフェッショナルとして」
 座 長 植田 明美(岡山県看護協会 副会長)
 発表者 佐野 早苗(倉敷中央病院  手術看護認定看護師)
             菅崎 仁美(岡山県看護協会 訪問看護認定看護師)

13:50 休憩

14:00 記念講演
「泣き笑いのある看護」を未来の仕事に!~あなたとの出会いを待っている人がいる~
 座 長 出戸 康子(岡山県看護協会 副会長)
 講 師 宮子 あずさ 先生(看護師)

15:50 閉会挨拶
 三澤 みどり(岡山県看護協会 副会長)
対象一般県民、看護職員、看護学生等
申込方法
申込受付は終了しました。
申込先
公益社団法人岡山県看護協会
〒700-0805岡山市北区兵団4番31号
TEL.086-226-3638 FAX.086-226-1157
 
 

参加申込フォーム

申込受付は終了しました。


ふれあい看護体験

「ふれあい看護体験」とは、保健・医療・福祉施設が住民の方々に、施設見学や簡単な看護体験を通して、「看護の仕事」について知っていただくためのイベントです。これは「看護の日・看護週間」記念事業の一環として全国的に開催しています。
参加者の方々にとっては、近隣の保健・医療・福祉施設を知り、看護について考える機会となり、受入れ病院等にとっては地域の方々とのコミュニケーションや情報公開の場となります。また、中・高校生の方々に、看護の魅力を伝える場でもあります。
 



みんなで話そう-看護の出前講座-

 岡山県看護協会員が依頼のあった中学・高等学校に出向き、生徒のみなさんに「看護」「看護の仕事」「いのちの大切さ」など、仕事を通しての体験をお話させていただくものです。
TOPへ戻る