本文へ移動
会 員 数
R3.10.31現在 17,448 
保健師   714人    
助産師   430人    
看護師  15,660人    
准看護師   644人    
支部別詳細はこちら 
●●Facebookはコチラから♪●●

●● Twitterはコチラから♪ ●●
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
4
0
2
5
4
4

映画「いのちの停車場」を観て

2021-10-15
皆様こんにちは。
朝夕が涼しく過ごしやすい季節となり、日中は秋晴れの気持ち良い日がやってきましたね。
9月30日で全国の緊急事態宣言が解除となりましたが、
引き続き、新しい生活様式を取り入れて、楽しく日常を過ごしていきたいですね。

さて、先日まで岡山でも数か月と長期間にわたって
ある映画が上映されていたことをご存じでしょうか?
本日はその映画についてご紹介したいと思います。

映画「いのちの停車場」は、現役医師でもある作家・南杏子さんが
書かれた小説が原作の在宅医療のおはなしです。
とある総合病院の元救急救命医が、あることから
在宅医療を行う“まほろば診療所”に勤めることとなり、
さまざまな患者さんと向き合っていくストーリーです。

私が印象に残ったのは、主人公の医師が“まほろば診療所”にやってきてすぐ、
訪問看護師と一緒に患者さんを往診しているシーンです。
先生は病院にいた時と同じように、患者さんを診察しようとされますが、
肺がんを患っていてもタバコをやめない芸者さんや、
妻への血圧測定を拒否するご主人に驚き、
「私、今日なにもしていない」と言います。
ここが、“在宅らしくていいなぁ”と感じたのです。

治療優先の病院とは異なり、在宅では病気を患いながらもその方の“生活”が
中心にあります。もちろん医療者としての判断を基盤に関わっていきますが、
登場する患者さんはそれぞれに最期の望みがあり、
先生をはじめとする看護師や助手たちのチームがそれらを叶えようと試行錯誤されます。
人と人が織りなす温かさと、必ず訪れる別れ。
一つ一つのシーンがとても暖かく、丁寧に描かれており、とても感動しました。

また、最期の別れが近づくにつれて、不安が募るご家族とのシーンでは、
先生の言葉一つ一つにとても心を打たれました。

同じく在宅現場で働く者として、とても感銘を受けた作品です。
私も同じように、患者さん(利用者さん)と丁寧に向き合い、
その方の人生に寄り添える看護を行っていきたいです。

もし、興味をもっていただけたら、是非観てみてくださいね。

岡山訪問看護ステーション看護協会 E.M.
TOPへ戻る