公益社団法人 岡山県看護協会|看護協会|看護師|看護学生|ナースセンター|岡山県岡山市

Facebookはコチラから♪
Twitterはコチラ♪
 
 
 
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
 
 
 
200206
qrcode.png
http://www.nurse.okayama.okayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
 
 
これまで各部署で更新していた協会事務局、研修センター、在宅ケアサービス部門の3つのブログを、2017年4月から「岡山県看護協会ブログ」として統合しました。
 
 
 
フォーム
 
「三職能施設代表者・委員長・支部長・個人会員合同会議」を開催しました
2019-04-22
 4月20日(土)、午前中の定例理事会に続き「三職能施設代表者・委員長・支部長・個人会員合同会議」を開催しました。施設代表者・個人会員の出席者は113人、他委員長・支部長・理事等36人が出席し、岡山県の看護行政や看護協会活動について報告・協議を行いました。
 
1.岡山県の看護行政について
   岡山県保健福祉部医療推進課 唐井統括参事
 
2.岡山県看護協会重点事業方針並びに事業計画について
   岡山県看護協会 役員
 
3.職能委員会活動の取り組みについて
   保健師・助産師・看護師 各職能委員会委員長
 
4.医療関係者向けDV被害者対応ガイドラインについて
   岡山県県民生活部男女共同参画青少年課 岡﨑副参事
 
 
平成30年度新卒訪問看護師育成事業 成果報告会・修了式を開催しました
2019-03-27
 3月19日(火)、平成30年度新卒訪問看護師育成事業の成果報告会並びに修了式を開催しました。
 病院、訪問看護ステーション、学校等から多くの参加をいただきありがとうございました。
 本事業に参加している1年目、2年目の看護師が訪問看護の魅力ややりがいを語り、また、所属先の指導者からは新卒者の成長の様子をお話しいただきました。
 そして、報告会終了後には、3月に2年のプログラムを修了する前中京子さんに修了証書を授与しました。
 
 
看護職員人材交流事業 成果報告会を開催しました
2019-03-15
3月14日(木)、マスカットホールにて「平成30年度看護職員人材交流事業 成果報告会」を開催しました。
 
◆第1部 中堅看護職員のための施設間研修 報告
 平成25年度から実施している事業で、毎年多くの方が研修に参加されています。今年度は最多の83人の方が参加され、特に「訪問看護ステーション」での研修が多くありました。他施設での研修をとおし、新しい学びや自身の看護の振り返り、またブラッシュアップにつながったようです。
 
◆第2部 講演「出向・交流のキャリア形成における意義」
     講師 公益社団法人日本看護協会 常任理事 荒木暁子氏
 日本看護協会の荒木常任理事より、医療・看護をとりまく現状(社会保障改革と地域包括ケア)、訪問看護と出向事業、出向・交流が看護職のキャリアにもたらす意義についてご講演いただきました。
 
◆第3部 看護職員出向・交流研修事業 報告
 今年度で2年目となる「看護職員出向・交流研修事業」ですが、今年は看護師4名、助産師5名がこの事業に参加し、各参加者、施設の看護管理者、また事務担当者などから貴重なお話をうかがうことができました。
 
「中堅看護職員のための施設間研修」「看護職員出向・交流研修事業」については、次年度も引き続き実施してまいりますので、是非ご参加ください。
 
災害看護フォーラム2018を開催しました!
 12月14日(金)、災害看護フォーラム2018を開催しました。
 「体験から学び、災害への備えについて考える」をテーマに、平成30年度豪雨災害支援報告として、災害支援ナース、熱中症対応ボランティアでの活動内容や県や市の対応について、7名の方にそれぞれの立場でご報告いただきました。参加者の方からは、発表資料に活動時の写真が多く使われていて分かりやすかった、との感想が多く寄せられ、あらためて写真の必要性を感じました。
 午後からは、特別講演として「稲むら火・濱口梧陵の行動は危機管理」をテーマに稲むら火の舘 館長 崎山光一先生に、津波から村人を救った物語「稲むらの火」のモデルとしても知られ、将来の津波防止のために堤防の建築を進めた濱口梧陵についてご講演をいただきました。
 
新メンバーのご紹介!!
2018-12-13

12月に入り、あっという間に今年も終わりが近づいています。9月から11月にかけて、新たに4人の新メンバーが加わり、ステーションの活気も増し、新年を迎えようとしています。ここで新メンバーより自己紹介をさせていただきます

 

誠心誠意をモットーに頑張ってまいります。よろしくお願いします。 井原

利用者の方々に、安心・信頼していただけるよう精一杯頑張ります。 川上

皆様のお力になれるよう頑張っていきたいと思います。 和田

以前は大阪の病院に勤めており、この夏岡山に帰郷しました。これから皆様の在宅生活をお支えできるように頑張って参りたいと思います。 水川

 

デイナーシングではクリスマスの飾りがとても美しく、お部屋は一気にクリスマスモードとなりました

きらきらと輝く飾りつけに、利用者様も喜ばれています。クリスマスが終われば、いよいよ年の瀬ですね。皆様良いお年をお過ごしくださいませ

 

 

岡山訪問看護ステーション看護協会 S.M
 
 
「健康フェスティバル2018」を開催しました
2018-11-12
今年度も「健康フェスティバル2018 ~第31回まちの保健室&第30回健康なんでも相談会~」を10月28日(日)に開催しました。
 
今年は、岡山県看護協会の「簡易健康測定コーナー」、岡山県保険医協会の「相談コーナー」、たばこフリー岡山の「禁煙相談・呼気中一酸化炭素測定・クイズ」のブースと中之町商店街協賛でガラポン抽選会を実施しました。晴天の下400人を超える方がご参加くださいました。皆さま、本当にありがとうございました。
 
また、協賛いただきました中之町商店街の皆さま、お忙しい中ご協力いただきありがとうございました。
 
第35回岡山県母性衛生学会を開催しました
2018-10-31
10月27日(土)、看護会館マスカットホールにおいて第35回岡山県母性衛生学会総会並びに学術集会を開催しました。
演題数11題、特別講演として岡山県男女共同参画推進センター所長 西本千恵先生に「DV被害者早期発見と医療者への期待」と題してご講演いただきました。参加者数は80人でした。
 
 
「地域包括ケア推進フォーラム」を開催しました!
2018-10-22
 10月6日(土)、岡山県看護会館マスカットホールにて「地域包括ケア推進フォーラム」を開催しました。
 在宅支援推進委員会が企画・実施しているフォーラムで、今年で4回目となりました。今年は、「チームアプローチを考える」をテーマに開催しました。
 午前はシンポジウム形式で、ある患者(Aさん)の退院支援プロセスの中で、様々な職種がどのような役割でチームアプローチを行ったか、発表・ディスカッションをしました。
 午後は、シンポジウムを受けてグループワークを実施し、退院支援の現状と課題、また看護職が果たす役割と今後の取組みについて話し合い、活発な意見交換の場となりました。
 
 アンケート結果は、役立ち度4.8、満足度4.9(いずれも5点満点)と大変高い評価でした。アンケートに寄せられた感想の一部をご紹介します。
 ・事例、グループワークとも身近で参考になる内容だった
 ・他職種の方の参加が新鮮で、今後、お互いの理解につながっていくと思う
 ・ディスカッションを行うことで、色々な視点で問題をあぶり出し、解決へのよい意見が出た
 
 皆さまから寄せられたご意見・ご感想をもとに、今後もフォーラムや交流会を企画してまいります。
 
 
在宅支援推進委員会
 
 
岡山市四師会役員全体協議会に出席しました
2018-08-31
8月26日(日)、平成30年度岡山市四師会役員全体協議会に出席しました。
平成17年から本会岡山支部(岡山市支部)として参加をしており、岡山市医師会、岡山市歯科医師会、岡山市薬剤師会の役員の方々とともに岡山市に対しての要望事項について協議を重ね、毎年この全体協議会において意見交換を行っております。
今年度は、看護協会として以下の3つの事項について岡山市に要望を提出しました。
 ①地域包括ケア推進について
 ②医療的ケアを必要とする小児への実施提供体制について
 ③訪問看護における岡山市公共機関駐車場の使用許可について
今後も有意義な協議会の開催に向け、四師でしっかりと協議検討してまいります。
 
また、協議会の後は懇親会を開催し、交流を深めることができました。
今年度は当番会として協議会並びに懇親会に参加いたしました。皆さまのお陰をもちまして盛会裏に終了いたしましたこと、心よりお礼申し上げます。
 
 
「訪問看護ステーションの人材育成力アップ集会」を開催しました!
 8月9日(木)、訪問看護ステーションの教育指導者や在宅看護教育担当者、看護学生等を対象に「訪問看護ステーションの人材育成力アップ集会」を開催しました。
 ケアプロ訪問看護ステーション東京の岡田理沙先生を講師にお迎えし、全国の新卒訪問看護師育成事業の取り組みを学びました。また、「岡山県新卒訪問看護師育成プログラム」の参加者2人(うち1人は今年3月に2年間のプログラムを修了)に成果を報告してもらいました。
 
 グループワークでは、新卒者から次のような話を聞くことができました。
・実践を積み、利用者との信頼関係ができ、やりがいがある。
・先輩看護師により同行訪問時の指導方法が違うが、振り返りの時間を持ち、課題や目標を共有している。
 
 また、参加した学生からは、「新卒で訪問看護の道に進むことには不安があったが、この事業を知り、とても心強く、安心した」「在宅看護の魅力をあらためて感じた」という感想をいただきました。
 看護協会では新卒訪問看護師育成プログラムに沿って、2年間学習を支援し新卒者をサポートします。訪問看護に関心のある学生の皆さま、ぜひ一度ご連絡ください。
 
岡山県看護協会 地域包括ケア推進室(江田)
TEL:086-226-3638
 
 
<<公益社団法人 岡山県看護協会>> 〒700-0805 岡山県岡山市北区兵団4-31 TEL:086-226-3638 FAX:086-226-1157