本文へ移動
会 員 数
R4.6.30現在 16,921 
保健師   703人    
助産師   408人    
看護師  15,217人    
准看護師   593人    
支部別詳細はこちら 
●●Facebookはコチラから♪●●

●● Twitterはコチラから♪ ●●
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
4
6
6
1
0
9

③感染管理・医療安全

③感染管理・医療安全

№10 KYT(危険予知トレーニング)の実際 ~医療安全の基礎~
講 師
丸山 雅道 (岡山大学病院)
研修日時
2022年9月1日(木) 9:30~16:15
開催方法
集合 (定員40人)
ラ ダ ー
ケアする力 看護師ラダーⅡ
目 的リスク感性を磨くために医療安全の基礎を学び、KYT演習により実際の場面に活かせる能力を養う。
目 標
  1. 医療におけるKYTの必要性が理解できる
  2. エラーや事故の可能性を察知する感性を高め、防止策を講じる能力を身につける
  3. インシデント事例を4ラウンド法で展開し、分析できる
受 講 料
会員3,500円 / 非会員7,000円
申込期間
8月1日(月)~8月10日(水)
担 当研修センター (℡ 086-221-7223)
№11 看護実践と法律の関係
講 師
稲葉 一人 (中京大学法務総合教育研究機構)
研修日時
2022年5月11日(水) 9:30~16:15
開催方法
オンライン
ラ ダ ー意思決定を支える力 看護師ラダーⅢ
目 的医療や看護に関する法的基盤や諸制度を理解することによって、社会が求める人間の尊厳を尊重した医療、看護の実践につなげる。
目 標
  1. 医療、看護に関係する法律について目的、内容、ポイントを学ぶ
  2. 臨床での倫理、医療安全のための看護記録と法律の関係を理解する
受 講 料
会員3,500円 / 非会員7,000円
申込期間
4月1日(金)~4月10日(日)
担 当研修センター (℡ 086-221-7223)
№12 医療安全管理者養成研修
講 師
丸山 雅道 (岡山大学病院)
受講期間
2022年7月1日(金)~2023年1月20日(金)
(オンデマンド配信研修35時間+演習:集合研修5時間)
集合研修
1月 20日(金) 9:30~15:30
受講要件
  1. 医療安全管理者または1年以内に医療安全管理者になる予定の者
  2. 上司の推薦があること
  3. 全時間受講可能なこと
  4. 看護師長に相当する職位以上にあることが望ましい
定 員
40人
目 的
所属施設及び地域で医療安全業務を実践できる。
目 標
  1. 安全管理業務を遂行するために必要な知識・技術を習得する
  2. 演習を通して実践方法がわかる
受講の
流 れ
日本看護協会へ申込 → 受講決定を日本看護協会より通知 → 各自オンデマンド受講 →
県協会で演習受講 → 修了
受 講 料
会員30,800円 / 非会員46,200円 ※日本看護協会で徴収
問合せ先
日本看護協会 看護研修学校 オンデマンド担当事務局
URL : https://www.nurse.or.jp
申込期間
5月9日(月)10時~5月20日(金)12時
備 考
医療安全加算対象研修
担 当
日本看護協会 主催 / 研修センター (℡ 086-221-7223)
№13 岡山県感染管理に関するエキスパートナース育成研修 《NEW》
講 師
[1日目]
菅田 節子 (岡山旭東病院)
友野 良美 (岡山済生会外来センター病院)
[2日目]
柳田 大輔 (倉敷成人病センター)
上山 伸也 (津山中央病院)
[3日目]
世良 紳語 (川崎医科大学附属病院)
上山 伸也 (津山中央病院)
[4日目]
木口 隆 (岡山大学病院)
ファシリテーター
[5日目・6日目]
上野 優子 (岡山市立市民病院)
ファシリテーター
[7日目]
菅田 節子 (岡山旭東病院)
ファシリテーター
研修日時
1日目:5月28日(土) 9:30~16:15
2日目:6月  4日(土)   9:30~16:15
3日目:6月24日(金)   9:30~16:15
4日目:6月25日(土) 9:30~16:15
5日目:7月  8日(金)   9:30~16:15
6日目:7月  9日(土)   9:30~16:15
7日目:7月23日(土)   9:30~16:15
対 象
部署内で役割モデルとなり感染対策の実施と推進ができる者、または部署内で役割モデルとなり感染対策の実践と推進に意欲がある者
受講要件
  1. JNAラダーⅢ以上を目指す看護師
  2. 自施設においてリンクナースまたは感染管理委員か(院内感染対策委員会)に所属している者もしくは同等の役割がある者
  3. 全日程受講できる者
  4. 勤務先からの推薦がある者
  5. Web会議システム(Zoom)が使用可能な者
目 的
医療関連感染の予防・管理について正しく理解し、感染対策の実践と推進ができる。
目 標
  1. 感染管理の活動に必要な知識について学ぶ
  2. 自施設の感染予防に関する課題の明確化と対応方法について学ぶ
  3. 修得したことを自施設の現場で発揮できる
受 講 料
(資料代として) 会員・非会員とも 7,000円
申込期間
4月1日(金)~4月11日(月)
申込方法
申込書(共通)と一緒に、推薦書および受動動機のレポート(A4 1枚)を看護研修センターに送付してください。推薦書はこちらからダウンロードできます。(見本)
合格基準
  1. 全課程の出席
  2. 毎回小テストを実施
  3. 終了試験 80点以上(全課程を受講した者のみ受けることができる)
  ※80点以下の場合、追加レポート課題あり
備 考
  1. 合格者には修了証を授与する
  2. 参考図書:洪愛子編「病院・施設・地域で使える看護師のための 感染対策」(中央法規出版)
  ※参考図書が変更になりました
担 当
研修センター (℡ 086-221-7223)
TOPへ戻る