公益社団法人 岡山県看護協会|看護協会|看護師|看護学生|ナースセンター|岡山県岡山市

 
 
 
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
 
 
 
109063
qrcode.png
http://www.nurse.okayama.okayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

⑤臨床看護(専門別)

 

1)がん看護・緩和ケア

1)がん看護・緩和ケア
 
№21 がん終末期患者のスピリチュアルケア
講師 坂出 由美子
國只 世都   (玉野市民病院)
研修日時 2017年6月27日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 がん患者と家族の全人的ケアについて理解し、看護に役立てる。
目標 1.がん患者とその家族の体験しているスピリチュアルペインについて理解できる
2.がん患者とその家族の体験しているソーシャルペインについて理解できる
3.がん患者とその家族の全人的ケアの実際について理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 5月1日(月)~5月15日(月)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№22 がん薬物療法と放射線療法の基本
講師 坂井 淳恵 (岡山労災病院)
高原 陽子 (岡山大学病院)
研修日時 2017年8月31日(木) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 がん薬物療法とがん放射線療法の基礎を知り、患者と家族への支援について学ぶ。
目標 1.がん薬物療法の種類と作用機序、がん放射線療法の作用機序について理解できる
2.がん薬物療法とがん放射線療法に伴い出現する有害事象と、それに対する対処方法、およびセルフケア支援について理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 7月1日(土)~7月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№23 在宅がん支援 ~がんになっても最期まで在宅で過ごそう~ 《New》
講師 長尾 充子 (ユニバーサルケア株式会社あるふぁ訪問看護ステーション)
研修日時 2017年9月6日(水) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 がん患者の在宅支援の基本について学ぶ。
目標 1.在宅における症状コントロールと、看取りの実際について知る
2.がん患者が在宅で活用できる社会資源について知る
3.がん患者の在宅療養を支える多職種連携の実際を知る
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 8月1日(火)~8月15日(火)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№24 がん患者の意思決定支援 ~患者と家族のQOLを高めるために~
講師 平田 佳子 (倉敷中央病院)
山下 睦子 (岡山医療センター)
研修日時 2017年9月12日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 がん医療の動向を知り、がん患者とその家族の意思決定を支えるケアについての理解を深める。
目標 1.がん医療の動向・施策について理解できる
2.インフォームドコンセントについて理解できる
3.意思決定理論について理解できる
4.「悪い知らせ」の伝え方と、意思決定支援のあり方について理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 8月1日(火)~8月15日(火)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№25 緩和ケアの実践 ~症状マネジメント~
講師 谷口 里枝 (岡山赤十字病院)
原田 美雪 (倉敷中央病院)
研修日時 2017年12月1日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 緩和ケアにおける基本的な症状マネジメントについて学び、実践に役立てる。
目標 1.トータルペインについて理解できる
2.症状マネジメントの実際について事例を通して理解できる
3.患者が自分らしく過ごせるような支援方法が理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 11月1日(水)~11月15日(水)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

2)内分泌・代謝

2)内分泌・代謝
 
№26 糖尿病患者の看護と栄養指導 ~患者のやる気をひき出す~《New》
講師 佐藤 真理子 (岡山済生会総合病院)
森  美和子 (岡山済生会総合病院)
研修日時 2017年7月18日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 糖尿病患者への看護支援の考え方と実際を学ぶ。
目標 1. 糖尿病の基本的な知識を習得することができる
2. 糖尿病患者への看護の実際を、事例を通して学ぶことができる
3. 糖尿病・高血圧症・脂質異常の栄養指導の実際を知ることができる
4. 自己管理が可能となる栄養指導を考えることができる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 6月1日(木)~6月15日(木)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№27 糖尿病をもっと知ろう! ~基礎から最新まで~
講師 利根 淳仁 (岡山大学病院)
研修日時 2017年9月22日(金) 9:30~12:30
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 糖尿病の理解を深め最新の情報を得て、看護に役立てる。
目標 1.糖尿病治療の基本を学ぶ
2.糖尿病治療の最新の動向を知り看護に役立てることができる
受講料 会員 1,500円  非会員 3,000円
申込期間 8月1日(火)~8月15日(火)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

3)腎・泌尿器疾患

3)腎・泌尿器疾患
 
№28 腎疾患看護 ~慢性化の予防と透析治療の基本~
講師 田邊 克幸 (岡山大学病院)
川口 法子 (重井医学研究所附属病院)
研修日時 2017年11月10日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 腎疾患患者に対する治療や看護を学ぶ。
目標 1.慢性化の予防と看護について理解する
2.腎不全の治療や透析治療の基本について理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 10月1日(日)~10月15日(日)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

4)脳神経系

4)脳神経系
 
№29 脳卒中患者の看護
講師 梅田 みちる (岡山市立市民病院)
源内 しの  (岡山市立市民病院)
研修日時 2017年5月31日(水) 9:30~16:15
ラダー Ⅰ~Ⅳ
目的 脳卒中のある患者の身体的・心理的特徴を理解し看護について学ぶ。
目標 1.異常の早期発見にむけて、主な症状の観察の仕方を理解し判断できる
2.脳卒中のある患者の治療と身体的問題に対する援助が理解できる
3.脳卒中のある患者の心理・社会的問題に対する援助が理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 4月1日(土)~4月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

5)循環器系

5)循環器系
 
№30 心不全患者の看護
講師 中村 一文  (岡山大学病院)
迫間 恵美子 (心臓病センター榊原病院)
研修日時 2017年5月26日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 心不全の基礎知識が理解できる。
目標 1.心疾患と心不全の病態・診断・治療が理解できる
2.心疾患患者の身体的、精神的、社会的側面の援助が理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 4月1日(土)~4月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№31 心電図を理解して看護に活かす《New》
講師 中村 一文  (岡山大学病院)
研修日時 2017年6月17日(土) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 不整脈の波形を理解し、正常・異常判読ができるように学ぶことができる。
目標 1.心電図とは刺激伝導系について理解できる
2.正常、異常心電図が分かる
3.不整脈に対応するための知識を得ることができる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 5月1日(月)~5月15日(月)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

6)呼吸器

6)呼吸器
 
№32 肺機能回復へのリハビリテーション
講師 築山 尚司 (岡山大学病院)
研修日時 2017年10月21日(土) 9:30~16:15
※開催日が変更になっています
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 呼吸機能改善や維持のためのリハビリテーションを学び、看護実践に活かす。
目標 1.呼吸の生理・呼吸に関する運動機能を理解できる
2.肺機能改善や維持のためのリハビリテーション(呼吸介助法・離床の実際)を、演習を通して実践できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№33 呼吸管理《New》
講師 氏家 良人 (川崎医科大学附属病院)
研修日時 2017年10月11日(水) 9:30~12:30
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 呼吸の病態生理を理解し、看護実践に活かす。
目標 1.呼吸の生理・呼吸に関する基礎を理解する(血液ガス、呼吸不全)
2.酸素療法の実際を理解する
3.人工呼吸器の管理について理解する
受講料 会員 1,500円  非会員 3,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№34 COPD(慢性閉塞性肺疾患)に強くなろう!
講師 中西 直子 (金田病院)
研修日時 2017年10月11日(水) 13:15~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 COPDを理解し、患者・家族のQOL向上に向けた看護の実践を学ぶ。
目標 1.COPDを理解できる
2.予防から呼吸リハビリテーションまでの指導について理解できる
3.在宅へ向けての援助、地域連携等を理解し、中間的役割を学ぶ
受講料 会員 1,500円  非会員 3,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

7)運動器

7)運動器
 
№35 ナースができる理学療法《New》
講師 佐藤 三矢 (吉備国際大学)
研修日時 2017年9月28日(木) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 看護師にできる理学療法を学び、早期開始による回復促進の必要性、廃用性症候群(生活不活発病)の予防の方法について学ぶ。
目標 1.理学療法に必要な解剖生理を理解する
2.理学療法の早期開始による回復促進の方法について学ぶ
3.廃用性症候群(生活不活発病)の方法について理解する
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 8月1日(火)~8月15日(火)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

8)周術期看護

8)周術期看護
 
№36 周術期看護の最新情報 ~在院日数短縮化の中での早期退院~ 《New》
講師 足羽 孝子 (岡山大学病院)
伊藤 真理 (岡山大学病院)
研修日時 2017年10月24日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 在院日数短縮化の流れの中で、術後の回復を促し、早期の退院を目指す最新の周術期看護を学ぶ。
目標 1.外来における術前看護の重要性を理解する
2.病態の把握と観察のポイントの考え方を理解する
3.早期離床の進め方について理解する
4.生態機能の変化に対する適応を促す方法について理解する
5.周術期を通した連携と継続看護の重要性を理解する
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

9)難病・アレルギー・膠原病

9)難病・アレルギー・膠原病
 
№37 難病疾患の理解と在宅での看護 【訪問看護師養成講習会公開講座】
講師 難波 玲子 (神経内科クリニックなんば)
下村 明世 (そよかぜ訪問看護ステーション)
研修日時 2017年7月4日(火) 9:30~16:30
ラダー Ⅰ~Ⅳ
目的 難病患者が在宅での生活を継続するための支援について学ぶ。
目標 1. 難病の種類と看護の特徴が理解できる
2. 難病患者の看護の実際が理解できる
3. 難病患者の家族への支援が理解できる
4. 難病患者を支援する制度と社会資源が理解できる
5. 難病患者へのチームケアの役割が理解できる
受講料 会員・非会員とも 3,000円 (資料代として)
申込期間 6月1日(木)~6月15日(木)
担当 ナースセンター (℡ 086-226-3639)
備考 ※訪問看護師養成講習会公開講座
(公開講座定員30人)
 

10)救急看護

10)救急看護
 
№38 急変に気付く ~あなただったらどうする?~ A日程
講師 寺戸 由加 (川崎医科大学附属病院)
研修日時 2017年9月4日(月) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 急変時の対応に必要な知識と技術を習得し、実際の場面に活かせる能力を養う。
目標 1.急変の捉え方やフィジカルアセスメントが理解できる
2.急変の対応として、初動態勢と心肺蘇生法が理解できる
3.急変時の初動態勢である迅速評価、一次評価、SBARでの報告が実践できる
受講料 (資料代として) 会員・非会員とも 3,000円
申込期間 8月1日(火)~8月15日(火)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
備考 ※岡山県委託事業
 
№39 急変に気付く ~あなただったらどうする?~ B日程 (津山会場)
講師 竹本 真由美 (津山中央病院)
研修日時 2017年9月8日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 急変時の対応に必要な知識と技術を習得し、実際の場面に活かせる能力を養う。
目標 1.急変の捉え方やフィジカルアセスメントが理解できる
2.急変の対応として、初動態勢と心肺蘇生法が理解できる
3.急変時の初動態勢である迅速評価、一次評価、SBARでの報告が実践できる
会場 津山圏域雇用労働センター(〒708-0022 岡山県津山市山下92−1) ※駐車場の予約はできません
受講料 (資料代として) 会員・非会員とも 3,000円
申込期間 8月1日(火)~8月15日(火)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
備考 ※岡山県委託事業
 
№40 急変に気付く ~あなただったらどうする?~ C日程
講師 堀内 麻央 (川崎医科大学附属病院)
研修日時 2017年10月16日(月) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 急変時の対応に必要な知識と技術を習得し、実際の場面に活かせる能力を養う。
目標 1.急変の捉え方やフィジカルアセスメントが理解できるこんど
2.急変の対応として、初動態勢と心肺蘇生法が理解できる
3.急変時の初動態勢である迅速評価、一次評価、SBARでの報告が実践できる
受講料 (資料代として) 会員・非会員とも 3,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
備考 ※岡山県委託事業
 

11)フィジカルアセスメント

11)フィジカルアセスメント
 
№41 ナースが知りたい画像やデータの読み方 ~基礎医学を学び直そう~《New》
講師 山内 豊明 (名古屋大学大学院)
研修日時 2017年8月22日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅱ~Ⅳ)
目的 看護師が知っておくべき身体の構造や働きを学び画像や検査データから病態学的に何が起こっているのかを読みとることができる。
目標 1.解剖生理・生化学から病態を把握できる
2.画像や検査データからどのような意味を持っているのか理解できる
受講料 (資料代として) 会員・非会員とも3,000円
申込期間 7月1日(土)~7月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№42 フィジカルアセスメント[基礎編]
講師 原田 延枝 (岡山大学病院)
研修日時 2017年10月30日(月) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 フィジカルアセスメントについて目的や意義、方法を学ぶ。
目標 1. フィジカルアセスメントの目的や意義が理解できる
2. フィジカルアセスメントの思考プロセスが理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№43 フィジカルアセスメント[応用編] A日程(外部会場)
講師 原田 延枝 (岡山大学病院)
研修日時 2017年12月11日(月) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅱ~Ⅳ)
受講要件 基礎編修了者、あるいは準ずる者。
定員:30人
目的 演習を通して、フィジカルアセスメントに必要なイグザミネーション、実践を学ぶ。
目標 1.呼吸・循環・中枢神経系のフィジカルイグザミネーションが理解できる
2.呼吸・循環・中枢神経系のフィジカルイグザミネーションが演習で実践できる
3.シミュレーションを通しフィジカルアセスメントの実践ができる
4.フィジカルアセスメントの結果から必要な看護ケアが選択できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
会場 岡山大学病院(〒700-0914 岡山市北区鹿田町2-5-1) ※駐車場の予約はできません。
申込期間 11月1日(水)~11月15日(水)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№44 フィジカルアセスメント[応用編] B日程(外部会場)
講師 原田 延枝 (岡山大学病院)
研修日時 2017年12月12日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅱ~Ⅳ)
受講要件 基礎編修了者、あるいは準ずる者。
定員:30人
目的 演習を通して、フィジカルアセスメントに必要なイグザミネーション、実践を学ぶ。
目標 1.呼吸・循環・中枢神経系のフィジカルイグザミネーションが理解できる
2.呼吸・循環・中枢神経系のフィジカルイグザミネーションが演習で実践できる
3.シミュレーションを通しフィジカルアセスメントの実践ができる
4.フィジカルアセスメントの結果から必要な看護ケアが選択できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
会場 岡山大学病院(〒700-0914 岡山市北区鹿田町2-5-1) ※駐車場の予約はできません。
申込期間 11月1日(水)~11月15日(水)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

12)摂食嚥下

12)摂食嚥下
 
№45 摂食・嚥下障害 A日程
講師 土居 美代子 (水島協同病院)
松本 博美  (岡山市立市民病院)
研修日時 2017年7月11日(火) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 摂食嚥下機能のメカニズムを知り、具体的な援助方法を学ぶ。
目標 1.摂食嚥下のメカニズムが理解できる
2.適切な嚥下機能評価が理解できる
3.誤嚥性肺炎の病態が理解できる
4.障害に応じた嚥下訓練、食事介助法が実践できる
5.摂食嚥下障害によるリスクとその対処方法が理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 6月1日(木)~6月15日(木)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 
№46 摂食・嚥下障害 B日程 (津山会場)
講師 横川 正行 (石川病院)
谷口 恵子 (岡山大学病院)
研修日時 2017年7月14日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅰ~Ⅳ
目的 摂食嚥下機能のメカニズムを知り、具体的な援助方法を学ぶ。
目標 1.摂食嚥下のメカニズムが理解できる
2.適切な嚥下機能評価が理解できる
3.誤嚥性肺炎の病態が理解できる
4.障害に応じた嚥下訓練、食事介助法が実践できる
5.摂食嚥下障害によるリスクとその対処方法が理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
会場 津山慈風会記念ホール(〒708-0841 津山市川崎1756) ※駐車場の予約はできません
申込期間 6月1日(木)~6月15日(木)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)           
 

13)創傷処置

13)創傷処置
 
№47 褥瘡に強いナースになる! A日程
講師 貝川 恵子 (川崎医科大学附属病院) ※冊子掲載時から変更になっています
研修日時 2017年7月31日(月) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 褥瘡管理について学び、エビデンスに基づいた褥瘡ケアができるようになる。
目標 1.皮膚の生理機能を理解し、褥瘡部のアセスメントができる
2.褥瘡管理方法について、最新の創傷処置の方法をふまえながら理解する
3.褥瘡リスク患者・褥瘡保有患者の社会的・身体的・局所的問題のアセスメントと予防ケアができる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 6月1日(木)~6月15日(木)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№48 褥瘡に強いナースになる! B日程 (津山会場)
講師 西村 裕子 (金田病院)
研修日時 2017年8月4日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 褥瘡管理について学び、エビデンスに基づいた褥瘡ケアができるようになる。
目標 1.皮膚の生理機能を理解し、褥瘡部のアセスメントができる
2.褥瘡管理方法について特に最新の創傷処置の方法を理解する
3.褥瘡リスク患者・褥瘡保有患者の社会的・身体的・局所的問題のアセスメントと予防ケアができる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
会場 津山圏域雇用労働センター(〒708-0022 津山市山下92-1) ※駐車場の予約はできません
申込期間 7月1日(土)~7月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№49 褥瘡に強いナースになる! C日程
講師 貝川 恵子 (川崎医科大学附属病院)
研修日時 2017年8月17日(木) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 褥瘡管理について学び、エビデンスに基づいた褥瘡ケアができるようになる。
目標 1.皮膚の生理機能を理解し、褥瘡部のアセスメントができる
2.褥瘡管理方法について特に最新の創傷処置の方法を理解する
3.褥瘡リスク患者・褥瘡保有患者の社会的・身体的・局所的問題のアセスメントと予防ケアができる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 7月1日(土)~7月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 

14)感染

14)感染
 
№50 感染管理[ビギナーズコース]
  「これだけは身につけよう-院内感染防止のための基礎知識-」
講師 松田 真哉 (川崎医科大学附属川崎病院)
小川 一恵 (岡山赤十字病院)
研修日時 2017年10月2日(月) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 感染対策に必要な基礎知識を学ぶ。
目標 1.標準予防策が理解できる
2.経路別予防策が理解できる(標準予防策との違いがわかる)
3.臨床で問題となる微生物について理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 9月1日(金)~9月15日(金)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№51 感染管理[アドバンスコース]
  「感染対策を極める-中心メンバーとなって活動するポイント-」
講師 赤木 節子 (岡山済生会総合病院)
菅田 節子 (岡山旭東病院)
研修日時 2017年11月1日(水) 9:30~16:15
ラダー Ⅲ(Ⅱ~Ⅳ)
目的 感染対策の基礎知識をベースとして、院内での指導方法(フィードバックまで)の実際を学ぶ。
目標 1.集団発生した場合の対応が理解できる
2.感染対策のための院内ラウンドの方法を理解できる
3.フィードバックの方法が理解できる
受講料 会員 3,000円  非会員 6,000円
申込期間 10月1日(日)~10月15日(日)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 

15)薬物療法

15)薬物療法
 
№52 臨床に活かせる薬の知識
講師 西原 茂樹 (岡山大学病院)
研修日時 2017年8月18日(金) 9:30~16:15
ラダー Ⅱ(Ⅰ~Ⅳ)
目的 看護師に必要な薬剤の基礎知識を学ぶ。
目標 1.代表的な薬剤の概要や注意点が理解できる
2.ハイリスク薬や注意を要する薬剤の注意点がQ&A形式で理解できる
3.グループワークによって薬剤に関するインシデント事例を共有、協議する
受講料 (資料代として) 会員・非会員とも3,000円
申込期間 7月1日(土)~7月15日(土)
担当 研修センター (℡ 086-221-7223)
備考 ※岡山県委託事業
<<公益社団法人 岡山県看護協会>> 〒700-0805 岡山県岡山市北区兵団4-31 TEL:086-226-3638 FAX:086-226-1157