公益社団法人 岡山県看護協会|看護協会|看護師|看護学生|ナースセンター|岡山県岡山市

Facebookはコチラから♪
Twitterはコチラ♪
 
 
 
公益社団法人 岡山県看護協会
〒700-0805
岡山県岡山市北区兵団4-31
TEL.086-226-3638
FAX.086-226-1157
 
 
 
179725
qrcode.png
http://www.nurse.okayama.okayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

① 看護実践の基盤

 

① 看護実践の基盤

① 看護実践の基盤
 
№04 現場リーダーのための看護倫理 ~問題解決と後輩指導~ 【New】
講 師 手島 恵 (千葉大学大学院)
研修日時 2018年6月4日(月) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅲ~Ⅴ
目 的 リーダーとして必要な倫理的対応、後輩指導について学ぶ。
目 標 1. 看護倫理とは何か理解できる
2. 現場の倫理的問題を分析することができる
3. 倫理的問題の解決に向けた対応を後輩に指導できる
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 5月1日(火)~5月15日(火)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№05 臨床の知 ~ナラティブにより看護実践を振り返る~
講 師 佐藤 紀子 (東京女子医科大学)
研修日時 2018年6月8日(金) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅰ~Ⅴ
目 的 臨床で実践した看護をナラティブに振り返り看護の本質を再認識し、看護観を深める。
目 標 1. ナラティブアプローチとは何かを理解する
2. 臨床の看護実践を言語化する意味や価値が理解できる
3. 自分の看護実践を振り返り、言語化・可視化することができる
4. 自分の看護実践の振り返りを通して、看護感を深めることができる
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 5月1日(火)~5月15日(火)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№06 看護実践に活かすケアリング ~看護を哲学的に振り返ろう~
講 師 近藤 真紀子 (岡山大学大学院)
研修日時 2018年6月12日(火) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅰ~Ⅴ
目 的 ケアリングとは何かを学び、看護哲学に裏付けられた看護実践の重要性についての理解を深める。
目 標 1. 対象の全人的理解とスピリチュアリティー、看護実践とケアリングの関連性についての理解を深める
2. ジーン・ワトソンのヒューマン・ケアリングの科学について知る
3. 自己の看護実践を振り返る機会とする
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 5月1日(火)~5月15日(火)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№07 看護における倫理的思考と実践
講 師 山田 佐登美 (川崎医科大学総合医療センター)
研修日時 2018年9月3日(月) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅰ~Ⅲ
目 的 患者の人権や権利を擁護する看護倫理の基本を学び直し、グループワークを通して実践に結びつける。
目 標 1. 倫理とは何かを理解できる
2. 臨床倫理における課題とその解決に向けての検討方法を知る
3. 臨床倫理における看護職の役割を理解できる
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 8月1日(水)~8月15日(水)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№08 看護師が支える意思決定【New】
講 師 平田 佳子 (倉敷中央病院)
研修日時 2018年9月5日(水) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅰ~Ⅴ
目 的 ンフォームドコンセントにおける看護師の役割と意思決定支援について学ぶ。
目 標 1. 意思決定支援の重要性について理解する
2. 意思決定理論について理解する
3. インフォームドコンセントにおける看護師の役割について理解する
4. 各職場で実施できる意思決定支援について理解する
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 8月1日(水)~8月15日(水)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№09 交渉術の理論と実践【New】
講 師 齋藤 由利子 (上都賀総合病院)
研修日時 2018年10月19日(金) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅱ~Ⅴ
目 的 他者と交渉する能力を養い、交渉するスキルを向上することができる。
目 標 1. 交渉力を向上させる必要性を理解する
2. 交渉の基本を理解する
3. 場面に応じた交渉術を活用する方法を考えることができる
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 9月1日(土)~9月15日(土)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
 
№10 気づくことから始めよう!
   ~看護師の一言で、患者・家族が傷つくこともあれば望みをみつけることもあります~
講 師 山田 佐登美 (川崎医科大学総合医療センター)

(話題提供)
 守屋 辰典(がん患者と家族のためのクラブ「並木ひろば」)
 石井 正則((公社)日本オストミー協会岡山県支部)
 岡山県医療安全支援センター
研修日時 2018年11月27日(火) 9:30~16:15
ラ ダ ー Ⅱ~Ⅳ
目 的 自己を振り返り、自己理解、他者理解について考えることができる。
目 標 1. 相手が大切にしている思いや志、価値観があることに気づくことができる  
2. 現場で患者の背景を知り、自己の五感を働かせることが重要であることが認識できる
3. 家族を含めた患者の心情や心の動き、全人的な配慮が必要であることがわかる
4. 自分の患者対応を振り返り、自己の傾向に気づくことができる
受 講 料 会員 3,000円 / 非会員 6,000円
申込期間 10月1日(月)~10月15日(月)
担 当 研修センター (℡ 086-221-7223)
<<公益社団法人 岡山県看護協会>> 〒700-0805 岡山県岡山市北区兵団4-31 TEL:086-226-3638 FAX:086-226-1157